NHKアニメで放送された「こばと。」についての感想

kobato

NHKアニメ+CLAMPという強力タッグで2009年NHKアニメ化された漫画のタイトルです。

この強力タッグには「カードキャプターさくら グロウカード編」と「カードキャプターさくら さくらカード編」とありますが、CLMP作品には大人子供男女問わず非常にファンが多くDVD売り上げやキャラクターグッズ売り上げなど非常にアニメ業界に貢献されている・・・という前評判を伺っていましたので、非常に楽しみにしておりました。

個人的には同CLAMP作品の「レイアース」や「X」なども好きですが、NHKで放送されるアニメは「暴力的な演出」「エロ要素」が無い(少ない?)作品が多いので、内容的にもわかりやすくなっていて好きです。

■あらすじ(ネタバレ含む)

あらすじとしては、ある一軒のアパートにある日「正体不明の少女、小鳩。」がやってくる。小鳩には「行きたい所」があり、そこへ行くためには「ビン」にコンペイトウのようなカケラをいっぱいになるまで集めないといけないらしい。そのコンペイトウは人々の傷ついた心で、小鳩に癒されることによってカケラとなってビンの中へ溜まっていく。

そして、この小鳩を導きお目付け役でもある話す不思議なぬいぐるみ(不思議生命体):いおりょぎと一緒に傷ついた心を癒そうとするも、小鳩の天然っぷりに加え極度の世間知らずのために失敗ばかりでいおりょぎに怒られてばかり。

小鳩は人手不足の「よもぎ保育園」を手伝うことになり、園長の園長の「沖浦清花」と保育士の「藤本清和」に出会い、そこでアルバイトをすることになる。藤本はぶっきらぼうで無愛想な態度をとってばかりであったが、内面の優しさに気付き、次第に心惹かれるようになる。

kobato-ed1

そして園児の1人・俊彦の心を小鳩は図らずも癒し、ようやくビンの中に1つ目の傷ついた心を入れることに成功、ようやく雑用などもこなして保育園に馴染んできたところ、よもぎ保育園は多額の借金を背負っており立ち退きを迫られていることをしる。そのヤクザの取立人の中に園長「清花」の元夫がいることを知り、小鳩は奮闘していく。

kobato-ed2

最終話のあたりではほぼいっぱいになってきたコンペイトウ。小鳩は藤本の演奏で得意な歌を歌うのですが、藤本のコンペイトウがビンに入った瞬間、小鳩が消えてしまう。

これまでの小鳩に協力してくれた人々の記憶からも映像からも一切の情報が消えてしまうのですが、「藤本」は小鳩の部屋で落ちているコンペイトウを見つけ、それを見た彼だけが小鳩の記憶が戻る。なぜここにコンペイトウが落ちてるんでしょうね(笑)

「藤本」が誰も覚えていない(知らない)「小鳩」のことを周囲に聞いてまわるうちに、小鳩を覚えている「琥珀」という女性にあい、彼女から小鳩について聞きます。

まぁ、要約すると小鳩はもともと人間界に住んでいたけれど、重い病気で入院していたところ、天界と異界の争いに偶然巻き込まれて命を落としかける。五百祗が恋した天使・水晶が自分を巡る争いに巻き込まれた小鳩を救う為に、小鳩の魂の代わりとなり彼女の時間をとめてしまったため「生きてもいないし、死んでもいない状態」となってしまった。小鳩と水晶が本当に死んでしまうタイムリミットまでにコンペイトウを集めることが出来たら、小鳩の願い「行きたい所へ行く」を聞いてもらえることになったらしい。

それから数年後、「藤本」は弁護士事務所に勤めており、遺産相続の相談のためにとある田舎へ訪れた「藤本」は生まれ変わった「小鳩」と再会する。

「これも貴方に返さないと」
「コンペイトウ?」
「もう一度あの歌を歌ってもらえませんか?」
「はい」
「・・・そうだったんですね。私の行きたい場所、一番側にいたい人のいる場所。・・・ただいまです!」
「何年も待たせやがって。大遅刻だな」

藤本は小鳩の部屋で拾ったコンペイトウを生まれ変わった小鳩に渡すと小鳩の記憶が一気に戻ります。
めでたしめでたし。

kobato-ed3

でアニメ24話終了です。

原作とかけ離れてしまった感のあるストーリーだな。。とちょっと思ってしまいましたが、まぁこばとが可愛かったので良しとしましょう。ただ、なんとなく、、なんとなくですよ?CLAMP作品としてはどことなく背景が少しボヤけてしまって見てる側に何を伝えたいのかわからない作品になってしまった感が否めません。天界と異界が出てきたのでCLAMMPならではのSF的な展開を期待してしまった分物足りなさを感じたのかもしれませんね。また最終話で小鳩は生まれ変わったのに、藤本とそんなに歳の差が無いというのも何か不思議な感じですが(笑) まぁ、こばとが可愛かったので良しとしましょう(笑)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。アニメの感想

anohana-ed1

anohana-ed2

2011年ノイタミナを通して放映されたアニメであり、埼玉県秩父市を舞台に幼馴染の死を経験した若者を描いた作品。最終話は号泣した感動したなどと絶賛され、劇場版やドラマ化にまでされている作品。

■あらすじ(ちょっとだけネタバレ含む)

幼馴染6人「宿海仁太(通称:じんたん)」「安城鳴子(通称:あなる)」「松雪集(通称:ゆきあつ)」「鶴見知利子(通称:つるこ)」「久川鉄道(通称:ぽっぽ)」「本間芽衣子(通称:めんま)」で結成した何でも平和にするという目的で作った「超平和バスターズ」。いつでも何をするにも6人一緒だった彼らがある日突然「本間芽衣子」が水の事故で死んでしまったことがきっかけで、それぞれに芽衣子に対する後悔・未練・懺悔を抱え、中学卒業後には疎遠となってしまった。

ところがある日、高校受験に失敗し引きこもりになってしまった「じんたん」の元に、死んだはずの「めんま」が現れ、めんまから「お願いを叶えてほしい」と頼まれる。しかしそのお願いが何であるのかめんまにもわからない。また不思議なことにめんまの姿はじんたん以外の人には見えず、最初自分の幻覚と思っていたはずが、その存在を無視することもできず、困惑しながらめんまの願いを探ることになる。それがきっかけとなり、再び6人が集まり始め、めんまのお願いを叶えて成仏させてあげようとすることになる。

■キャラクタ紹介

【宿海人太(やどみじんた):主人公】
幼馴染6人のリーダー的存在だった。変な文字が印刷されているTシャツを好んで着用。進学校の王大付属高校受験失敗しひきこもりに。現在は市立緑ヶ丘高校在学。

【本間芽衣子(ほんまめいこ):ヒロイン?】
ロシア人のクォーター。超平和バスターズのマスコット的存在であったが川に転落し亡くなった。数年後、仁太の前に霊的な存在として現れ、仁太以外の人に見えない。

【安城鳴子(あんじょうなるこ)】
仁太と同じ市立緑ヶ丘高校に在学しゲームショップでアルバイト。自分の発言が原因で芽衣子が死んだと悔やんでいる。

【松雪集(まつゆきあつむ)】
仁太の第1志望だった進学校の王大付属高校に在学。学業は学年2位で女子にモテる。自分の行為が芽衣子の死につながったのではないかと強い罪の意識を持っている。

【鶴見知利子(つるみちりこ)】
集と同じ進学校の王大付属高校に在学。学業は学年4位、趣味は読書、絵を描くのも得意。性格は大人っぽい。集と行動することが多い。

【久川鉄道(ひさかわてつどう)】
小学生時代はみんなの弟分。アルバイトで稼いだお金で世界中を放浪している。超平和バスターズの秘密基地だった家屋で暮らしている。芽衣子の死に対して何らかの懺悔のような気持ちを持っている。

■再びあらすじ(ネタバレあり)

じんたんにしか見えなかっためんま。その存在を幼馴染にわかってもらうために手記を書いてみせためんま。そして幼馴染は小学生時代に抱え込んでしまった自分達のめんまに対する後悔を打ち明けることが出来ず、戸惑いながらも、めんまのお願いを探すことに協力していく。そして空回りしながらも、精神的にも成長していく5人は「一緒に花火を見る」ことがめんまの願いと信じ、めんまの両親とともに花火を打ち上げるが、めんまは成仏できない。お願いが別のものとなってしまっていることをめんま自身も知らない。

ここで考察。花火がきっかけでお願いが「みんな一緒で」ということや「もっとみんなと一緒にいたい」「わたしを忘れないで」という気持ちがめんまの成仏できないんじゃないかなとアニメを見ているうちに思いました。というのも最終話に至るまでにじんたんとのやり取りや自分が原因で離れ離れになっていた幼馴染が自分の願いのために集まってくれる。悲しかった気持ちから離れたくない気持ち。そういった心理描写のようなものが随所に描かれていたことが現世への新しい未練となったんじゃないかと思いました。違うかな?w

そして最後みんながめんまに抱えていた気持ちを吐き出すシーンもグッとくるものがありましたね。ぽっぽが一番辛かったんじゃないかな。どうして世界を放浪していたのかという理由はこの秩父に居ることでめんまの最後を思い出してしまうから・・・だったんだなーと思うとムネアツになります。

人物関係としては、めんまはじんたんが好き。ゆきあつはめんまが好きでパッチンをあげようとするが、じんたんをさがさなきゃとめんまが逃げてしまう。つるこはゆきあつが好き。あなるはじんたんが好き。ぽっぽはみんなが好き。これがみんなの後悔に繋がる人間関係なんですよね。。だからめんまが事故で亡くなったことにそれぞれ自分が原因だと思っていたのですね。

最終的にはめんまの願いは叶えられたのかは、、わかりませんが、成仏することになります。

「めんまは あした じょうぶつします。 さいごまで みんなと なかよくしたいです。 よろしく おねがいします」

その時にそれぞれに宛てた手がみがまたムネアツ

【じんたんへ】
じんたんだいすきです。
じんたんへのだいすきはじんたんのおよめさんになりたいなっていうそういうだいすきです。

【あなるへ】
しっかりもののあなるがだいすきです。

【ゆきあつへ】
がんばりやさんのゆきあつがだいすきです。

【つるこへ】
やさしいつるこがだいすきです。

【ぽっぽへ】
おもしろいぽっぽがだいすきです。

この後、めんまがみんなに見えて消えていき(成仏する)、じんたんがこう言います。

俺たちは 大人になっていく
どんどん通り過ぎる季節に 道端に咲く花も移り変わっていく
あの季節に咲いた花は なんて名前だったんだろう
小さく揺れて 触れればちくりと痛くて
鼻を近づければ わずかに青い 日向の香りがした
次第に あの香りは薄れていく
俺たちは 大人になっていく
だけど あの花は きっとどこかに咲き続けてる
そうだ 俺たちは いつまでも
あの花の願いを 叶え続けていく

曲も良かったですね。アニメの構成もよくて非常によい作品でした。最終話でまとまるのか?と心配したこともありますが、後半から一気にまとまって、じんたんやめんまだけではなくほかのキャラクターの現状や心情もよくまとまっていたと思います。

2011年放映のあと、2013年劇場版、2015年ドラマ化と話題にもなった作品でもあります。

夏目友人帳ってすごいな

natsume-1

2003年「LaLaDX」に初回掲載されてから2007年以降「LaLa」で2015年現在も連載されている「夏目友人帳」。

アニメも第1期が2008年1クール、第2期が2099年1クール,第3期が2011年1クール,第4期が2012年1クールと定期的にシリーズ化されている。連載期間がすごいだけではなく、フィギアの売り上げ、1番くじの売り上げもマンモスクラスのタイトルである。

■あらすじ

妖怪が見える少年「夏目貴志」は、祖母の遺品から「友人帳」という古い書物を見つける。「友人帳」は夏目の祖母「レイコ」が妖怪をいじめ負かし奪った名を集めた契約書だった。「友人帳」を見つけてしまって以来、名を取り戻そうとする妖怪達から「レイコ」と外見がそっくりなために、狙われるようになってしまった夏目は、ふとしたきっかけで自称用心棒となった妖怪「ニャンコ先生(斑)」と一緒に「友人帳」に書いてある妖怪達に名を返そうと決めた。

natsume-2▲ニャンコ先生

あらすじはいたってシンプル。単純明快。わかりやすいくらいにわかりやすい。

それが何故今でも連載が続いているのか?といえば、主人公「夏目」のほのぼのとした性格や時々見せる凛とした顔に相棒の「ニャンコ先生」の人柄などにあるのだと思う。また主人公達を取り巻く登場人物も非常に魅力的である。

夏目は現在高校生ではあるが、その同級生である「田沼 要」や「多軌 透」をはじめ、「名取 周一」などの能力者たちの協力を伴い、どんどん名を返していく。主人公の能力は「げんこつ」のみなので、時に妖怪に生気を吸われたりして、周囲の人に助けてもらうことが多い主人公なのである。これがまた人気のひとつでもあるのかもしれない。

筆者としては一番くじでぜひとも「にゃんこ先生」のぬいぐるみが欲しいところで、一番くじが開催されるたびにチャレンジするのだが、いまだキーホルダーなどのグッズしか当たっていない(笑)また開催されたら絶対チャレンジしてやる!と意気込んでいる

ゲームからアニメ化されたタイトル幾つか紹介

過去にいろいろな漫画からアニメ化されたり、小説からアニメ化になったりというのはよくあるが、最近アニメのタイトルで目にするのは「ゲーム」だったタイトルも目にすることが増えてきた。

2006年1月「Fate/stay night」

fate

2006年4月「ひぐらしのなく頃に」

higurasi

2007年7月「School Days」

schooldays

2007年10月「CLANNAD」
2007年10月「D.C.II」
2007年10月「D.C.II.S.S.」

・・・あれ?エロゲーやギャルゲーと呼ばれる分野が多いw

2009年1月「WHITE ALBUM」

whitealbam
2010年12月「Starry☆Sky」

starrysky
2011年4月「Steins;Gate」
2011年7月「THE iDOLM@STER」
2011年7月「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%」
2011年10月「ましろ色シンフォニー」

・・・エロゲ・ギャルゲにオトメゲー入ってキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

2013年1月「AMNESIA」

amnesia
2013年1月「閃乱カグラ」
2013年1月「D.C.III」
2013年7月「BROTHERS CONFLICT」
2013年7月「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION」
2014年7月「P4GA Persona4 the Golden ANIMATION」
2014年10月「グリザイアの果実」
2014年10月「失われた未来を求めて」
2014年10月「神撃のバハムートGENESIS」
2015年1月「艦隊これくしょん -艦これ」

・・・「AMNESIA」についてはヤンデレ登場!ついにはスマホゲームからもw

これからもどんどんゲームからアニメ化されるタイトルが増えるんでしょうね。楽しみです。

還暦祝いのプレゼントに赤の物が選ばれる理由

還暦といえば、赤いちゃんちゃんこを思い浮かべる方がほとんどでしょう。
クラス会の写真でも赤いちゃんちゃんこやタオルをかけた姿が多く見られます。
定番のプレゼントとして定着している色ですが、どうしてこの色が選ばれるようになったかといえば、還暦の由来から来ています。

還暦とは、満60歳のことで、十干と十二支を組み合わせた干支が一巡してしまうため、生まれた年の干支に戻ることを示します。
文字で示すように暦が還るから、こう呼ばれるようになりました。

そのため、満60歳は、生まれ直しの歳と言われています。
もう一度、生まれ変わって新しい人生をスタートさせる意味あいが込められています。
実際に、満60歳と言えばライフスタイルの中でも、一般的には定年を迎え第二の人生が始まると言われる頃です。

そのため、選ばれるようになったのが赤いちゃんちゃんこです。
この色には魔除けの意味があります。
お寺や神社でも山門や鳥居がこんな色をしているところも見かけるのは、魔除けの意味あいがあるからです。
そして、昔は産着に赤が使われていたため、生まれ直した意味も含めています。
このような経緯で、還暦のプレゼントはちゃんちゃんこが定着したわけです。

このように赤ちゃんに戻って生まれてくることから、赤色のちゃんちゃんこを贈るという慣習が生まれたと言われています。

現代になってもその慣習が続いているためにちゃんちゃんこではなくても、他に赤い色のプレゼントを贈るようになったと伝わっています。

↑ PAGE TOP